fc2ブログ

五月雨日記<仮の宿>

イラスト+漫画やアニメの感想等。 最近はプリキュアと東方多めです。

学戦のうちの子



こんにちは。まずは拍手ありがとうございました!! 素敵に描いて頂けた作品を
見て頂けて嬉しいです♪ 過去記事にもありがとです♪ 今日は…twitterをされ
てる方はご存じの方も多いかと思われる診断メーカーの「学生戦争ったー」を
元に作った娘。ソースは http://shindanmaker.com/293610 診断結果は

時雨は『赤軍に所属する2年生。発展途上の一兵卒。青みがかった黒髪に
金と青のオッドアイ。世話焼きな性格で使用武器は鞭。気配を消すのが得意。』

…でした。「赤軍」は私服なので、始め結果を見た時は「私服なら着物!」
と思ったのですが「…着物で街中歩いてたら目立ちそう…気配消すのが
得意なら、その辺り普通に歩いていても空気になれる感じにしよう」と思い立ち
ありそうなデザインに。セーラーからもブレザーからも遠いイメージにしたくて
タートルネック。コートの中は赤軍っぽく、髪には赤のヘアピン。元気な子
なのでスカートの中は多分スパッツ着用(笑) 白、黒両方の色を入れたかった
ので白スカート黒ニーソです。オッドアイは結果で出た時も嬉しかったの
ですが、好きな方も多くて嬉しい設定です。


ここからは後から自分で考えた追加設定です。ちなみにこの落書きは
下絵の裏側に描きました(笑) 予想以上の反応を頂け驚き&嬉しい勢いで☆

20140216p_0002.jpg

世話焼き=先輩でも敵でも誰にでもノリノリで絡む子なりました。一番初めに
描かせて頂いた学戦コラボ絵では…作者さんに許可取ったとはいえウサ耳
触り過ぎだろぉ!!…と自分にツッコミ(笑) 今描いてる絵でも、よく抱き
付き攻撃してます(笑) …世話焼き設定はおいしかったですね♪ 基本的に
自分にコミュ力なくても、娘がすごい勢いで絡んでくれるので。

話し方は、基本的にタメ口になった時の私と同じ話し方で、年上は許可を
もらえばタメで話す、初対面ではちゃんと敬語を使います。有事の時の召集=
同じ赤軍と会えて嬉しい!…と緊張感ありません(笑) そもそもあまり戦う
気がなく、武器を攻撃や相手の物を奪う事に使っても、命令等ではない限り
消極的。その気持ちもあって、まだまだ戦いに対しては発展途上ですね。

武器は鞭=女王様系セクシーなイメージあったのですが、むしろ鞭で縄跳びして
そうな子に(苦笑) 普段はコートの中や鞄に隠し持っていますが、鞭を見られ
ても動揺せず本音で「女王様みたいに強く格好良くなりたいから、お守り。」
「女の子は誰でも持ってるって、女王様願望!」…とズレた反応をします(笑)
時雨の中の女王様=格好良くて、強く、尊敬されるような女性。
「童話の中のお姫様に憧れるよりは意地悪な女王様が可哀想」だという考えも
持っていて、皆が幸せになれる世界ができれば良いと思ってます。

軍関係なく敵軍だと気付かずに仲良くしようと思っていますが、意外に
「相手が敵である可能性」はいつも考えていて、それでも仲良くなりたいし、
お互いの正体については、わからない方が、気付かない方が幸せだと思って
います。なので、敵だと知った時もショックはあっても、あまり驚かないかと。
それに隙だらけに見えても、仲間に繋がる情報は漏らさず、さらりと流します。


しばらくは、別の方の学戦キャラを描かせて頂く事の方が多いと思いますが、
また時雨に関して何か思い付いたら、twitterやこちらでも追加していきたい
ですね。今日明日はtwitterでのそちらのリプメインになりそうです。
リアルの状況は…まだ新店舗では1番の新人なので、任される仕事も少なく、
平日twitter浮上できてます。ブログは長文なので、なかなか更新できてない
ですが…学戦の事があっても、週に1度はこちらも更新したいです。次は
ソルキャ3巻感想かも。ではでは読んでくださりありがとでした☆
スポンサーサイト



コメント

勝手な想像(創造・・??)ですが・・・・

「創作」カテゴリの中で特に何が気になったかと言うと、
この「学生戦争ったー」のオリジナルキャラですね。
この「学生戦争ったー」という診断結果から恐らく創り上げられたキャラだと思われますが、この赤軍所属の時雨一兵卒及びこちらの衣替えヴァージョンがとても印象に残っています。
この「診断結果」はせいぜい三行程度のシンプルなものになっていますけど、ここからよくぞここまで追加設定を加えた上でのキャラ設定が出来たものだと本当に感心しています。特にオッドアイの設定とかコートやスパッツを中に着用したミニスカートの感じが実に素晴らしいと思います。また「白ニーソ」というとスイートの奏を連想してしまいますけど、こうした黒ニーソは学生といえども軍人っぽい感じがしていいですね。

何かこうしたオリジナルキャラを見てしまうと、
何かついつい自分自身も余計なお世話の想像をしたくなってしまいます・・・
簡単に概略を記すと・・・

西暦20XX年の日本・・・・
その時代、世界は貧困・テロ・経済戦争・貧富の格差拡大・天候不順等で荒廃し不穏な空気に包まれていた。
それに対抗すべく、日本には三つの軍が対峙し、それぞれの勢力拡大を目指して拮抗する状態であった。
「世界連邦政府樹立→世界平和」という大義名分は三軍共に同じだが、それを達成するための手段はそれぞれ異なっていた。白軍は武力で持って世界統一を成し遂げ、黒軍はコンピューターによる人間の心理状態までの管理とそれによる世界統一を目指し、最も寛容な方向性の赤軍は、「一つの共通理念というか哲学・理念」でもってそれを為し遂げようとしていた。
時雨は、元々は医療学生で、軍とか世界平和等にはそれ程関心は持っていなかったが、学生は必ず三軍のどれかに所属と言う法律が施行されて以降、漠然とだが、最も寛容な赤軍に籍を置くこととなった。

時雨は赤軍の中では、看護救護班に所属し、
後輩達からは「頼れる先輩」として信頼も厚く、頼まれると嫌とは言えないおせっかい焼きな部分もあった。
反面時に一人物思いに沈み、考え込む場面もたまにあり、そうした時は周りからよく「空気みたいにいるのかいないのかよく分からない・・」と言われる事もあった。
ではなぜ時雨が時に物思いに沈んでいたかというと、
「この混沌とした時代の中で、自分が出来る事は一体何なのだろう・・・・勿論、自分一人で世界を救える訳ではない。自分に出来る事には限界がある・・それでも自分がこの時代に生きる意義とは果たして何なのだろうか・・・」と日々の軍内の救護活動に従事しながら考え続けていたからであった。

しかし、時雨には、もう一つ別の悩みがあった・・・
それが何かと言うと生まれつきの「オッドアイ」である。
子供の頃は、両眼の目の色が違う事にコンプレックスを感じ、
他人の視線を気にするあまり、眼帯をしているか常に片目を閉じていることが多かった。
それは現在でもそれほど変わっていない・・・
極力片目を閉じ、自分のオッドアイは他人には触れて欲しくないと
思っている。
時に他人からオッドアイをからかわれたり嘲笑されると
時雨の中の何か「怒れる別のもの」が覚醒し、
その時だけは、携帯武器の鞭をブンブンと振り回し、他人に怪我を負わせる事も厭わなかった・・・・

しかし・・・・

時雨自身にもまだ気が付いていない事があった・・・・

ある特定の意識をもってこのオッドアイの普段閉じられている片目を
開けた瞬間に、
「他人の意識を瞬間的に読み取り、同時に他人の意識を支配し、
他人をいのままに操れる能力」に
この時点の時雨はまだ気が付いていないのだった・・・

そしてこの特殊な能力をめぐって三軍、ひいては世界のテロリストたちによる「時雨争奪戦」が開始されるとは
この時点の時雨は知る由も無かった・・・・
そして、自身の特殊能力と「混沌とした世界で自分が出来る事」の
あまりのギャップに、この後どれだけ思い悩むのか
この時点の時雨には分かるはずもなかった・・・・

なんか書いているうちに
「あ、なんかこれはひどいな・・・」と自分でも苦笑するしかない
駄文になってしまいましたけど、
要は風月時雨さんの学生戦争のオリジナルキャラから
色々なアイディアが思い浮かぶという事ですし、
それを生み出す原動力があのイラストの中にあったという事なのかも
しれませんよね。

他には「平等な世界を望んで」のイラストも興味がひかれそうな内容とイラストでしたね。
こうしたオリジナルキャラも今後色々と見てみたいものですね。
とても興味があります。

そうそう、大図書館の羊飼いの水結の巫女さんの赤いミニスカは
中々良かったですよ。
キャラと方向性は全然違うのですけど
何かあのスカートの感じが「アンラブリー」と似ていなくもないから
何かとても魅力的に感じました。
このアニメは、MX東京で視聴できるので
見てみたいと思います。

何かヘンな長文大変失礼しました・・・

  • 2014/09/26(金) 01:37:50 |
  • URL |
  • ぬくぬく先生  #-
  • [ 編集 ]

こんばんは

時雨さん世話焼きでかつ気配を気配を消すのが得意なんですね
ちょこちょこ見えない感じでサポートしてあげているんだろうなって
思いました、たしかに着物だと似合いそうですが逆に
ものすごく目立っちゃいそうですよね
それでなくてもオッドアイなのも特徴的ですしね><

とりゃーてムチを振るっている姿とあほの子かもっとの事で
バチンバチンって勢いよく振って自分に当たって痛がっていそうな
姿が浮かびました(笑)

  • 2019/09/27(金) 17:38:02 |
  • URL |
  • 荒ぶるプリン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://samidarekari.blog.fc2.com/tb.php/304-3b0e727a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)